光の中の人

  • 2012/06/03(日) 22:21:58

「光の中の人」


 視力を失い
 闇の中で生きる人
 その目には
 光は入らないというのに
 それでも
 心にはあふれんばかりの光を
 持った人

 わたしも
 そうあれれば

 その強い心が
 少しでもわたしにあれば

 いつも闇にとらわれて
 もがくばかり

 いろいろなものが
 見えてしまう分だけ
 よけいなことばかりを考える
 いろいろなものを
 記憶し続けてしまう分だけ
 過去にとらわれる

 光の中をすすむ
 その強さにあこがれる




NHK「日曜美術館」の本日夜の放送で
「孤独 闇 そして光を~鉛筆の画家・木下晋~」
をやっていました。
ハンセン病の療養所で生涯を過ごした詩人・桜井哲夫さんについてが
取り上げられていて、それがとても心打たれました。

「木下晋―祈りの心―」という展覧会も
7/21~8/26に富山県の砺波市美術館にやってくるようなので
ぜひ行きたいと思います。
今回の最新作、桜井さんの合掌の絵は展示されないようですが。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

初めまして!

素敵な詩です!

私も強くありたいですね。
弱くて脆くて壊れそうだから
強さに憧れます。

リンクを貼らせてもらいますね!

  • 投稿者: 月花
  • 2012/06/04(月) 19:58:49
  • [編集]

Re: 初めまして!

■ 月花さま

コメントありがとうございます、はじめまして。
とてもうれしい感想をいただき、恐縮してしまいます。

強くあれたら、いいですよね。
私もとても弱い人間なので
強く前向きな人はまぶしくてあこがれてしまいます。

リンクも、ありがとうございます。

  • 投稿者: 北條 舞
  • 2012/06/06(水) 18:42:49
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する